私は二年ほど前から執筆を始めました。仕事が暇な時間も何かに取り組めるものを、持とうと思ったことがきっかけです。執筆をするようになって、持て余す時間もなくなりました。一日が朝、起きてから寝るまで繋がるようになりました。以前のように暇で飲みに出ることもなくなり、人というのは何かを始めることで、このように変わるものだと初めて知りました。何か感銘を受けたわけでも、自分を変えようとしたわけでもありません。暇な時間を何かしようと思っただけなのです。それだけで一日の過ごし方が変わったのです。以前とは比べようもないくらい、良い一日が送れているのです。健康的な暮らしに変わったと言えます。これは例えばゲームのようなものでは、ここまで変われません。暇つぶしを暇つぶしで、過ごしては変われないのです。自分を見つめ高めることが重要なのです。執筆は自分のライフワークとして続けていけるように感じます。人はどんな趣味を持つかが重要です。ホットヨガ体験